増える若年性の病気!~生活習慣との関係~

20代、30代、40代と、働き盛りの若者に増えている若年性の病気。

中高年特有の病気と思われていたさまざまな病気が、近年、若年層でも見られるようになりました。その背景には私たちの生活環境や生活習慣が深く関係していると言われています。

食生活では糖分や脂質の多い欧米化された食事が増え、生活習慣病の根源とも言える肥満に向けた体内環境が出来上がります。さらに、喫煙・環境汚染・ストレス・過度なダイエットの他、便利になった乗り物のおかげで運動不足に拍車がかかるなど、私たちを取り巻く豊かな暮らしが、病気を若年化させる原因になっているのです。

これらを予防・改善するためには、まず日々の生活習慣を見直さなければなりません。

また、健診・検診を定期的に受けることを習慣づけて自身の健康状態を知り、予防・早期発見に努めながら、心の健康・身体の健康ともにバランスの良い日常生活を送ることが大事です。

自宅でかんたん健康診断!在宅検査キット

自宅にいながら自分や家族の健康状態をチェックできる方法をご存じですか?

検査できる項目は「生活習慣病」「糖尿病」「がん」「ピロリ菌」「痛風」「コレステロール」「中性脂肪」「メタボリック症候群」「肝炎」「HIV」「性病クラミジア」など様々です。

在宅検査はこんな人におすすめです

  • 忙しくて病院に行く時間がない
  • 気にはなるけど症状がないからついついそのままにしている
  • 人に知られずこっそり検査したい

自分のため、大切な家族のために、年に1回の定期健診・検診を心かげましょう。

デメカル血液検査キット

ページの先頭へ