若年性脱毛症とは、20代から30代くらい、早い人なら10代という若年層の人に起こる脱毛症の事で、一般に「若ハゲ」と呼ばれる事があります。

この若年性脱毛症は、男性だけでなく女性にも起こりますが、男性と女性とでは少し違いがあります。

男性の場合は、髪の生え際や頭のてっぺんの部分から時間をかけて徐々に薄くなり、最終的には抜け落ちて頭皮が露出し、禿げてしまうのが特徴です。

女性の場合は、本数が減ったり髪の毛1本1本が細くなり、全体的に薄毛になって頭皮が透けて見えるようになるのが特徴です。

若年性脱毛症の原因の多くは、ホルモンバランスの乱れによって毛母細胞が正常なサイクルで活動できなくなり、薄毛や抜け毛となってしまうと言われています。

他にも、不規則な食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、過度なダイエット、間違ったシャンプーやスタイリング剤の選び方や使い方など、さまざまな原因があると言われていますが、いまのところ若年性脱毛症についての明確な原因はわかっていません。