若年性脱毛症の予防は、食生活の見直し、ストレスの緩和、適度な運動、十分な睡眠、紫外線を防ぐ、頭部を清潔に保つ、などが代表的です。

健康な髪を作っているたんぱく質は、必須アミノ酸が十分でなければ生成されません。ですから、バランスの良い食事を摂る事は、健康な髪を生み出す秘訣なのです。

また、ストレスは活性酸素を生み出し、紫外線はたんぱく質を変質させてしまいます。

適度な運動というのは意外かもしれませんが、髪の健康のためには必要な事なのです。適度な運動や十分な睡眠によって血行が促進され、新陳代謝促進につながります。

そして頭部の清潔。必要以上に洗いすぎず、汚れをためすぎず・・・というのが理想なのです。

せめて、ヘアスプレーなどで髪を固めた時などは、丁寧に洗髪するといった習慣をつけるようにすると清潔に保てるでしょう。

皮脂がたまりすぎて毛穴をふさいでしまうようでは清潔とは呼べません。しかし、皮脂も奪いすぎてしまうのも問題です。

抜け毛予防として育毛剤やサプリメントを使う人も少なくありませんが、頭皮に合わない育毛剤を使い続けたり、体質に合わないサプリメントを飲み続けていると、人によってはかえって症状を悪化させる場合もありますので、おかしいと感じたらすぐに使用を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

外からの脱毛予防対策だけではなく、頭皮の健康を意識した生活習慣を見直すなどの予防法を取り入れることが大切です。