検査と治療

若年性肺気腫の検査には、CTスキャンやX線撮影などの画像診断が最も多く用いられています。他にも、気管支造影検査や呼吸機能検査などがありますが、体への負担を考慮して、最近ではCTが最も多く利用さ...

予防と対策

若年性肺気腫の予防には、まず肺に負担をかけない環境を作ることが大切です。肺気腫の原因の中でも圧倒的に多い喫煙は、絶対にやめなくてはなりません。>他人の喫煙による副流煙(受動喫煙)の方が有害物質...