若年性健忘症の検査は、脳神経外科や神経科などで行われています。

しかし、はっきりとした原因が解明されておらず、CTやMRIなどの画像による検査を行っても異常が見つからないため、まずはチェックリストなどを使った問診や臨床、そして脳機能検査という特殊な検査を受ける事で異常を発見する事ができるとされています。

若年性健忘症の治療については、現時点で「確実にこれで治る」というものはありません。「脳を使っていない事」が原因であると考えられているため、脳に刺激を与えることで改善される可能性が高いとされています。

  • 外を歩くのにも景色や草花など、さまざまなものに興味を持つようにして歩いてみる。
  • 毎日少しずつでも、自分の手を使って文字や文章を書く。
  • 毎日、人と会話をする。

など、これらの行動は一見なんでもない動作に思えますが、実は脳を使い刺激を与え、若年性健忘症の改善に効果をもたらすというデータがあります。

薬物療法や手術によって治すといった種類のものではなく、脳に刺激を与えるという比較的簡単な方法で改善が見られるのです。