若年性高血圧とは、35歳以下であるのに血圧が高血圧症の診断基準とされる最大血圧140mmHg、最小血圧90mmHgを超えている場合を言い、自覚症状がないことも多くあります。

通常、中高年に多いとされる高血圧は、動脈硬化、脳疾患、心疾患、腎不全などのリスクを伴いますが、それに対して若年性高血圧は、主な原因が成長期のホルモンバランスによるものだと言われています。

人は思春期から20代後半にかけて成長期にあるため、身体の中のホルモンバランスが不安定になりますが、若年層に多い高血圧はこのホルモンバランスの乱れが一番の原因と言われているのです。

若年性高血圧は一過性のもので、一般的にはある程度の年齢になれば自然とホルモンバランスも安定してくるために、血圧も正常値に戻ることが多いようですが、中には体質なども関係し、本能性高血圧が早い年齢で発症するケースもあるといいます。

近年では、昔に比べて食生活も変化したため、脂質の多い偏った食事や必要以上の栄養摂取(過食や間食)などといった食生活や生活習慣の乱れによる若い世代の高血圧患者も増えており、他の病気の存在、遺伝的要素、なども原因として挙げられています。

「若いから大丈夫」ではなく、定期的な健康診断と規則正しい生活を心がけることが大事です。