男性の若年性更年期障害は、多くの場合、泌尿器科を受診する事になります。医療機関によっては、男性更年期専門外来という専門科を設置している病院やクリニックもありますが、まだ全国的に広まっているものではないため、たいていは泌尿器科となるようです。

男性の更年期障害は、女性に比べてホルモン分泌量の低下も緩やかなこともあり、加齢のせいにしたり疲れているだけと思い込んだりして、自分ではなかなかその本当の原因に気付かない人が多いことからあまり知られていませんでしたが、最近になって広く認知されるようになってきたため、専門施設も徐々に増えてきています。

女性と同様に、精神的な負担やダメージが強く日常生活に支障をきたす場合には、泌尿器科とあわせて精神科や心療内科を受診したり、近くに男性更年期専門外来がある場合には早めにそういった施設を受診するようにしましょう。