若年性更年期障害は、精神的なストレスや激しいダイエット、喫煙、生活習慣の乱れなどが原因となり、ホルモンバランスが崩れることで起こりますから、予防策としては、まず第一の原因とも言われている乱れてしまった生活習慣の見直しが必要となります。

ストレスの緩和、規則正しい生活、栄養バランスの整った食事、適度な運動、十分な睡眠などが基本的な予防方法となりますが、この他にも体を冷やさないようにするなどの対策があります。

若年性更年期障害にとって、精神的なダメージが一番の大敵なのかもしれませんが、現代人にとってその元となるストレスを溜めない生活を送ることは非常に困難です。人間関係によるストレス以外にも、排気ガスで汚れた空気を吸ったり、紫外線を浴びることも身体はストレスとして認識します。

ストレスを溜めない生活を送るのではなく、ストレスと上手に向き合い発散していくなどの意識を持つことが大事です。

また、ここ最近では体質改善が若年性更年期障害の予防に繋がるとの考えから、漢方薬が注目されてきています。

漢方薬は個々に合わせた処方が可能となることから、高い効果を得られるという意味でも積極的に取り入れる人が増えてきています。ホルモン剤と比べて副作用などがないのも人気の秘密なのかもしれません。