一般的に女性は50歳頃になると閉経を迎えますが、この前後10年間を更年期と言い、その時期や期間は人によって個人差があります。

この頃になると、女性ホルモンの分泌量が低下するため排卵もされなくなってきますが、脳はこのことをすぐに認識できないため、排卵するよう命令を出し続けます。この矛盾がホルモンバランスを崩して身体に様々な症状となって現れるのですが、これを更年期障害といいます。

若年性更年期障害とは、一般的には50歳前後10年間で多くみられる更年期障害が、20代や30代で起こってしまう場合を指しており、近年こうしたケースが増えているのです。

主な症状としては、顔のほてり・手足の冷え(酷い場合はしびれることも)・意欲低下・イライラ・理由もなく落ち込む・動悸・息切れ・めまいなどがあります。その他、これまで温厚な性格だった人が急に喜怒哀楽が激しくなる、涙もろくなる、うつ状態になって引きこもるなど、人によってさまざまな症状があります。

若年層に更年期障害が起こってしまう原因として考えられるものには、生理不順、生活習慣の乱れ、冷え、喫煙、過度なダイエット、極度のストレスなどによってホルモンバランスが崩れるためだといわれています。

具体的には、例えば最近の流行として、季節を問わず体のラインを見せるような服装や、肌の露出の多い服装が非常に目立っており、こうした服装をするために無理なダイエットに挑戦したり、こうした服装の影響で体が冷えていることが、若年性更年期障害発症の大きな原因のひとつとされています。

また、現代はストレス社会と呼ばれているほど、ストレスだらけの世の中になっています。このようなストレスも、若年性更年期障害を引きこす原因と見られているのです。

若年性更年期障害の原因には、不妊症の原因になるものも多く含まれていますので、生活習慣を見直して体質改善に努めることが大事です。