若年性アルツハイマー型認知症とは?

アルツハイマー型認知症は、ドイツの精神医学者アロイス・アルツハイマーによって、当時51歳の女性が世界初の患者として報告されました。アルツハイマー型認知症は「認知症」の一種で、女性に多いと言われ...

若年性脳血管性認知症とは?

若年性認知症の一種である「脳血管性認知症」は、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)を主な起因とする病気で、脳の血管が詰まったり破れたりすることによって脳細胞に十分な栄養や酸素が届かず、障害を...

認知症と痴呆症の違い

認知症は、もともと痴呆症と呼ばれていた病気で、基本的に違いはありません。しかし、痴呆には「知能が劣り愚かなこと、阿呆」などの意味もあり、言葉が差別的・侮辱的であることや、偏見を助長する不適切な...

自己診断チェック

通常、人は「物忘れ」をすると、忘れた時の状況や会話から、忘れた内容を思い出そうとするものです。しかし認知症は症状が進行するにつれて、忘れた時の出来事や会話したこと自体を忘れるようになっていくた...

何科を受診すればいい?

若年性認知症は、軽度認知障害や初期の段階では、その症状の一部がうつ病などの症状と似ていることから、誤った診断をされてしまう場合があります。診察を受けるときは、「認知症の専門医」に相談することが...

検査と治療

若年性認知症の検査は、主に知能検査・画像診断・血液検査を行い、本人や家族への問診も含め、それら全てを総合して診断されます。知能検査は、中核症状(記憶障害・見当識障害・言語障害・判断力の低下・実...

予防と対策

若年性認知症の推定発症年齢の平均は51歳前後と言われていますが、それは突然起こるものではありません。認知症の主な原因となる疾患には、アルツハイマー病、脳血管障害、びまん性レビー小体病、ピック病...

若年性認知症のための介護施設

認知症患者が増加する一方で、介護・医療サービスを受けられる若年性専門の施設はほとんどありません。現状は、認知症患者を受け入れている施設であっても、65歳以上の「老人性認知症」を対象としているこ...

在宅介護とケア

若年性認知症は、40代~60代で発症することが最も多く、一家を支える働き盛りの男性や主婦の多い年代です。経済面、体力面において家族にかかる負担は大きく、介護者にはさらに精神面での負担がのしかか...

在宅介護の利点・問題点

若年性認知症に対する介護・福祉サービスが十分に確立されていない現代、多くの家族が在宅介護を余儀なくされますが、そこにはさまざまなメリットとデメリットがあります。...