検査と治療

若年性乳がんの検査には、視触診・マンモグラフィ・超音波・細胞診・組織診などがあり、セルフチェックや視触診によってしこりが確認できた場合には、マンモグラフィ、超音波、細胞診が必須検査として行われ...

予防と対策

若年性乳がんは、遺伝によるもの(家族性乳癌)の他、食生活や生活習慣の乱れも原因のひとつと言われています。肉を中心とした食事から魚や野菜を中心としたヘルシーな食事に切り変えたり、適度な運度や趣味...

発症率・生存率・再発について

若年性乳がんの発症率は、年々高くなっています。同時に、乳がんによって死亡する人の数も増えています。これは、生活習慣の乱れだけでなく、「若いから大丈夫」という間違った意識のために定期健診やセルフ...

乳がん健診の実態と定期健診のすすめ

乳がんは、日本人女性の中で最も多い癌です。現在、乳がん検診は自治体が主となって積極的に勧めているようですが、40歳後半からの発症率が高いことから、自治体の勧める乳がん検診は40歳以上を対象とし...