日本人女性の乳がんの発症率は、20歳を過ぎた頃から認められ、30代半ばから40歳にかけて急激に増加し、40代でピークを迎えます。

現在、40歳から50歳の罹患率が最も高いことから、自治体がすすめる乳がん検診なども、その対象は40歳以上となっているところがほとんどです。

ところが、20代や30代前半の若い世代でも乳がんを発症する患者は増加傾向にあり、35歳未満で発症した場合を若年性乳がんと呼んでいます。

乳がんは自分で発見できる数少ない癌として知られていますが、初期の段階では自覚症状がありません。自分で乳房の状態をチェックして触診で乳房や脇下にしこりのようなものを感じるのは少し症状が進行してからになります。

しかし、乳がんを発症した人の中で半数以上の人がしこりや腫れなどの自覚症状から乳がんを発見することができているのです。

自己検診で小さな異常やしこりに気付くためには、普段正常な乳房の状態を知っておくことも大事です。20歳を過ぎたら月に1回の自己検診を習慣付けるようにしましょう。

また、自覚症状のない早期段階でも医療機関や自治体で行われる乳がん検診(マンモグラフィなど)によって乳がんを発見することが可能なことや、自己検診での見落としをカバーする意味でも、年に1回は医療機関や自治体での定期検診を受けることが大切です。

乳がんはさらに症状が進行すると、乳頭から分泌物が出たり、乳首や乳輪がただれたり、毛穴が異常に目立ってきたり、赤く腫れる場合もあります。

しこりの大きさや数も人によって違いがありますが、しこりがあるからといって必ずしも乳がんとは限らず、良性の場合もあります。

若年性乳がんの原因として、母親や姉妹など近い肉親が乳がんになったことがある人、30歳以上で未婚の人、出産経験がないまたは少ない人、乳腺炎など他の乳房の病気になったことがある人、初経の年齢が早かった人、などは比較的乳がんになる確率が高いとされています。

また、食生活の欧米化により肉を中心とした脂分の多い食事になってきたことやそれに伴う肥満、過剰な飲酒、喫煙、仕事を持つ女性が増えてストレスが増えたことなど、生活習慣の乱れが大きく関係しているとも言われています。