若年性乳がんは、遺伝によるもの(家族性乳癌)の他、食生活や生活習慣の乱れも原因のひとつと言われています。

肉を中心とした食事から魚や野菜を中心としたヘルシーな食事に切り変えたり、適度な運度や趣味などをもってストレスと上手に付き合い、飲酒や喫煙も控えるなど、食生活や生活習慣を見直すことが大事です。

また、日頃から自分で乳房を触ってしこりなどがないか確認することや、医療機関・自治体などで行われる定期的な乳がん検診を積極的に受診し、乳房の健康管理に努める事で乳がんを予防する事は十分に可能です。

現在の日本には、乳がんで死亡する女性が急増しているにもかかわらず、乳がんに対する関心が低すぎるという傾向が見られます。

乳がん患者の中で8割以上の人がしこりや腫れなどの自覚症状から乳がんを発見していますが、関心が低いために、初期の段階で発見することができなかったケースも少なくはないのです。

乳がんは、早期発見であれば完治もしますし、乳房を切除する可能性も少なくて済みます。乳房を大きく見せる方法や綺麗に見せる方法ばかりにとらわれるのではなく、健康な乳房を保つために日々の生活習慣を改善すること、最低でも毎月1回の自己検査と、年に1回の定期健診を積極的に行うことが大事です。