若年性パーキンソン病の検査と診断には、さまざまな方法があります。まず、最も一般的な検査方法としては、脳のCTスキャン・MRIのほかに、血液検査や尿検査、髄液検査などがあります。

ただ、これらの検査によってパーキンソン病と診断する事は非常に困難を極めているため、SPECTやPETといった検査も必要になる事があります。

また、若年性パーキンソン病の中でもパーキン遺伝子変異を疑われる場合には、「AR-JP」として他と分類され、この診断には血液検査が有効とされています。

若年性パーキンソン病の治療は、主に薬物療法によって行われています。使用される薬物の多くはドーパミンの補充や分解抑制など、ドーパミン関連の薬物となり、若年性パーキンソン病の場合にはこれらの薬物が非常によく効きます。

その他の治療法としては、外科的方法(手術)や、リハビリ、食事療法などがあります。

手術では、定位脳手術およびドーパミン産生組織の移植が挙げられます。ただし、手術が行われるのは薬物治療では効果が期待できず、また、薬物による治療が断念されるような場合に限られています。

リハビリでは、身体的なリハビリはもちろんの事、精神的リハビリも同時に行われる事が重要です。どのような場合でも、無理をせず自分に合ったリハビリを少しずつ毎日行う事で快方に向かっていきます。

そして、食事療法では低蛋白を心がけたメニューをメインとして取り組んでいく事になります。