若年性ポリープは、原因が遺伝的要素である場合には予防することが難しいとも言われていますが、食生活の改善など、生活習慣の見直しによって予防できるとする説もあります。

近年、日本人には大腸癌が急増しています。この原因とされるのが、肉食などの欧米化された食生活である事は有名です。好んで肉を多く摂り入れ、食物繊維を多く含む食事が減り、便通が悪化している事が大きな理由です。

若年性ポリープは子どもに多い病気ですが、幼い頃から栄養バランスの偏った食事をとり、食物繊維が不足し、便秘気味な生活を続けていると、ポリープ発生につながって行きます。

つまり、積極的に食物繊維を摂取し、適度な運動を心がけ、大腸への負担をなくしてあげることで予防できると言えそうです。

食生活や生活習慣を見直したり、定期的に健診や検診を受けながら体調管理をすることで、家族みんなの健康を守っていきたいですね。