若年性歯周炎は、一般的な歯周炎とは少し違いがあり、進行のスピードが速いという特徴があります。治療としてはまず、原因となっている歯石を取り除く治療をします。この歯石除去に加えて、抗菌剤や抗生物質を使用した薬物療法も行います。

すでに進行してしまい、かなり症状が進んでいる場合は外科治療も行います。麻酔をし、歯茎を切開して、歯茎の中にまで入り込んでしまった歯石を取り除くなどです。

あまり知られていませんが、歯石は歯を支える骨を溶かしてしまいます。一度溶けてしまった骨は二度と元の状態には戻りません。

歯石とは、歯に付着したプラーク、つまり歯垢(細菌の集合体)が石灰化したのもで、歯磨きなどで簡単に取れるものではありません。歯垢の蓄積は虫歯や口臭の原因にもなりますので、これをしっかりと除去する事で口腔内を清潔に保つ必要があるのです。

若年性歯周病は進行速度が早く「あっという間に自分の歯を失う」危険性もあるため、早期治療が大切になります。

また、症状が進み外科的処置をした後でも再発をする可能性があるために、正しい歯の磨き方を覚えるなど、日々のプラークコントロールと定期的な歯科検診を行うことも忘れないようにしましょう。