歯周炎とは、歯肉やその他の歯周組織が徐々に壊れていく病気です。

一般的な歯周炎は30代半ばから発症することが多いと言われていましたが、近年、小学生や10代の子供の歯周病が増えており、30歳以下の若年層で発症した場合を若年性歯周炎(正式名:侵襲性歯周炎)と呼ぶようになりました。

中高年で発症する通常の歯周炎とは異なり、急速な組織破壊を見せるのが大きな特徴です。また、一般的な歯周炎に施される治療では治りにくいとされています。

若年性歯周炎の原因には、免疫抵抗力の低さがあるという説があります。そのため、通常の人では何でもない程度の汚れに対しても敏感に反応し、炎症を起こすといった事が起こるのです。こうした事から、若年性歯周炎の人は、他の人よりも慎重に口腔内のケアをしていかなくてはなりません。

他にも、歯磨きの仕方や回数、食事の取り方や生活習慣に問題があるなど、正しいプラークコントロールができていないといった原因もあります。

若年性歯周病の症状については、通常の歯周炎と変わりません。

まず歯茎が腫れて歯茎から出血しますが、この段階で適切な治療をすれば完治できます。これを放置しておくと歯を支えている骨へと影響が出始め、歯槽骨や歯根膜が破壊されて歯がグラグラしたり痛みを伴うようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周炎独特の口臭も目安のひとつで、症状が進行するとともに口臭はきつくなってきます。

若年性歯周病の場合、こうした症状が非常に急激に進行していきますので、早期に発見し、治療を開始しなければ、30代で歯がボロボロ・・・といったことも起こる場合があるのです。