若年性歯周炎の予防には、プラークコントロールと定期的な歯科検診が有効です。

歯磨き時のブラッシングを含めた口腔内のケア全般をプラークコントロールと呼んでいますが、これが上手にできていなければ歯周病を防ぐことが難しくなってきます。

逆にブラッシングによって歯垢を除去できていれば、歯周病になる可能性も低くなるという事です。

歯磨きはしっかりやっているのに歯周炎になってしまう原因には、正しく磨けていない場合が多々あります。

正しく磨けていないと、何回歯を磨いても毎回同じところに磨き残しが出てきて、そこにプラークという歯垢が蓄積され、やがて歯石となって歯と歯茎の奥まで入り込み、歯を支える骨を溶かしてしまうのです。

力を入れてゴシゴシと磨くのではなく、一般にプラークゾーンと呼ばれる「歯と歯の間」「歯と歯茎の境目」そして「歯の溝」は、歯垢がたまりやすく磨きにくい場所なので、特に意識をして1本1本を丁寧に磨くことが大事です。

食事のとり方や歯磨きの回数を見直しながら定期的なメンテナンスを行う他、歯科医院で正しい歯の磨き方を一度しっかりと指導してもらうなどして、若年性歯周炎の予防とケアに努めましょう。